クレジットカード現金化に気をつけましょう。

休日でも、普通の金融会社から借りられます。最近は、アコムなどの消費者金融も、上限金利を18%に下げています。年利息が18%です。100万円かりたら、1年後には118万円返す計算です。

クレジットカード現金化をしてしまった人は、100万円だと232万円返す計算ですよ。換算すると年利息が132%ですから。

冷静になりましょう。甘い言葉にだまされてはいけません。極力普通にかりましょう。身内にお願いできるのであれば、おそらくそれが一番です。

クレジットカード現金化をストップするために政府が乗り出しました。

かなり被害が拡大していると思われます。

ついに消費者庁が啓蒙活動を開始しました。

詳しくは下記のURLに掲載されています。

http://www.caa.go.jp/credit/

蓮舫消費者担当大臣による
ビデオメッセージ付きです。

クチコミ情報をご紹介します。

特定の業者を誹謗中傷するのが当ブログの目的ではありませんが、めずらしく口コミ情報が書き込みされたのでご紹介します。

書き込みのあったURL
http://cardgenkinka.seesaa.net/article/23980739.html

クレジットカード現金化の裏側(2)

クレジットカード現金化のシステム暴露
シリーズ第2弾

【空売りシステム】

自店で販売した商品を、自分の店、もしくはその近辺で買い取る業態です。質屋では、古物商取引法の定で規制されているため、このような行為は犯罪に当たります。

それを確信した上で、利用者に、一度店舗外に出てもらってから、再度店を訪れてもらう等の手段を取っています。しかし、このような手段を取っていても、この事実が露呈すれば、犯罪は犯罪です。クレジットカード現金化について....もっと読みたい

クレジットカード現金化の裏側(1)

クレジットカード現金化のシステム暴露
シリーズ第1弾

【買取屋システム】

利用者が10万円で買ってきたものを、6万円〜7万円で買い取るシステムのようです。今後もっと詳しく調べる予定です。「買取屋」という言葉をネットで検索すると、その危険度を理解してもらえると思います。

何%とかという問題以前に、お金すらくれない事件も起こっています。グレーゾーンを越えて犯罪です。

クレジットカード現金化の業者撲滅にご協力を↓
ブログランキング

クレジットカード現金化の裏側(3)

クレジットカード現金化のシステム暴露
シリーズ第3弾

【通信販売システム】

佐川急便のEコレクト等が使用されています。まさか、クレジットカード現金化の会社の片棒を担がされているなんて、佐川急便側は知りません。

健康食品などの品物を消費者に届けているつもりで、利用者のお家にやって来ます。そこで、クレジットカードのコードを読み取る端末で決済します。

カード決済が終われば、現金化の業者も確認が取れるので、お金を振り込んでくれます。

本当に振り込んでくれるようですが、約束通りの金額かどうかは、管理人も利用したことが無いので不明です。仮に、約束と違う少ない金額だったとしても、利用者の立場からは、言っていく場所が無いように思います。クレジットカード現金化について....もっと読みたい
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。